読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

証券アナリストがマイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

2017年4月株主優待タダ取りクロス

f:id:mmmiler:20170222160826j:plain

4月は株主優待クロスしたい銘柄が少ない月です。それでも魅力的な銘柄がいくつかあります。

2017年4月末権利日分の株主優待クロスの最終は4/25ですが、4月は激戦なので早めに手を付けていきました。いい銘柄はなかなか一般信用の抽選に当たらないので大変ですね。

 

(Kabu.com証券分)

アイ・ケイ・ケイ 100株(1,500円分のお菓子)

くらコーポレーション(くら寿司)500株(10,000円分の食事券)

ロック・フィールド 1,000株(10,000円分のおそうざい券)

 

スポンサーリンク

 

 

以上3銘柄のみですが、合計約2.15万円相当ゲットできる予定です。コストはまだ確定しませんが、8千円程度といったところでしょうか。

いずれも一般信用ですので、逆日歩の心配はありません。

一般信用の無い銘柄で取りたいものもありますが、逆日歩が3日分になりますので悩みます。

 

関連記事等

【IPO】 初値結果:LIXILビバ これもね。。。

f:id:mmmiler:20170130155348j:plain

LIXILビバは本日上場でした。 

LIXILビバは再上場案件ではあるものの、ファンド絡みではないということで、これまで公募割れした2銘柄とは違うのではないかという淡い期待がありましたが、やはり、大型銘柄は厳しく、売り気配から始まりました。

寄り付き後しばらくたった9時9分に初値が付きました。初値は引受価格と同じ

1,947円(公募価格-103円)となりました。仮条件の上限で決定しなかったこともあり、やっぱりの公募割れとなりました。OAで何とか踏みとどまったという感じですね。

初値形成後は、1,938円までありましたが、その後は買いも入り、初値より上の値段で取引されています。ただし、上値は2,044円と公募価格奪取はならず、跳ね返されたかたちになっています。

なお、初値での出来高は1,819,000株(公募売り出し株数の約8.3%)でした。

スポンサーリンク

 

   

関連記事等

【IPO】 抽選結果(当選・落選結果):旅工房 大和主幹事ですが

f:id:mmmiler:20170119120155j:plain

旅工房の公開価格は1,370円と仮条件の上限の値段で決定しました。これはもちろん想定通りですね。大和証券では、今年1つ当選しているので、主幹事大和証券で期待がかかります。

 

では旅工房の抽選結果(当選・落選結果)です。

 

大和証券(主幹事):落選

SMBC日興証券:落選

SBI証券:落選(1ポイントゲット)

 

主幹事に淡い期待をしていましたが、まったく当たる気配がありません。SBI証券での1ポイントゲットのみです。

  

REITでの当選を除くと、通常のIPOの今年の成績は3勝21敗(6不戦敗)です。

スポンサーリンク

 

   

関連記事等

【IPO】 初値結果:ウェーブロックホールディングス やっぱり。。。

f:id:mmmiler:20170130155348j:plain

ウェーブロックホールディングスは本日上場でした。 

予想通りの売り気配から始まりました。寄り付き後しばらくたった9時6分に初値が付きました。初値は721円(公募価格-29円)となりました。引き下げられた仮条件の上限で決定していたので、もしやという感じもありましたが、やっぱりの公募割れとなりました。強いIPOはとことん強いのですが、こういう銘柄はやはり公募割れしてしまうのですね。LIXILビバについても、背景が若干異なるものの厳しい初値になるのではないでしょうか。

初値形成後は、743円まで買い進められましたが、公募価格奪取はならず、その後は売りに押される展開です。現在は710円前後で取引されています。

なお、初値での出来高は406,500株(公募売り出し株数の約6.7%)でした。

スポンサーリンク

 

   

関連記事等

タニタ×イーレックス あるく・おトク・でんきプランで電気代が今回は6.4%安くなった。5か月目の実績。

タニタとイーレックスが提携している「あるく・おトク・でんきプラン」のレポートの4回目です。

 

あるくおとくでんき

 

あるく・おトク・でんきプランは昨年の10月から申し込み開始となったプランです。申し込み開始早々に申し込んだMMMilerは11月から供給開始となり、3月で5か月目となりました。今回は日数の関係で前回ほどは安くなりませんでした。 

3月分の電気料金は6,871円となりました。明細は次の通りです。 f:id:mmmiler:20170407210545p:plain

 

MMMIlerの使用量(契約40A、使用電力284kwh)を東京電力の料金で計算すると7,338円となり、467円(約6.4%)安くなったことになります

内訳としては、基本的な電力の部分(web割引も含む)が▲329円、本プラン特有の部分が▲138円となっています。

基本的な電力の部分は新電力になって電気の単価が若干安くなっていることによります。本プラン特有の部分としては、月々162円のサービス料を取られる一方で歩数ポイントの割引が今月は300円となっています。電力の部分の割引は前月と変わらない水準ですので、今月の割引が少ないのはもっぱら本プラン特有の部分によります。

スポンサーリンク

 

 

歩数ポイントについては、2月に歩いた分が反映されていますが、MMMilerは、毎日欠かさず10,000歩以上歩いたものの日数が28日しかないため4,030ポイントしか得られず、300円の割引となりました。歩数ポイントと割引額は次の表の通りです。

 

あるくおとくポイント表

 

3月は諸般の事情により毎日1万歩を達成できていないので、来月分もこれまでのようには安くならない見込みです。MMMilerの場合、毎日完璧に歩けたとして、大の月の分は1,000円、小の月の分は500円、ただし2月の分は300円の割引となります。(サービス料162円が別途取られます。)

1日でも歩数が足りなかったり、記録を忘れたりするとポイントが減って下のカテゴリーに落ちてしまいますので、この最大額の割引を得るのはかなり大変です。だからこそ毎日歩き続ける強いインセンティブが働いています。歩くのが苦にならない、あるいは、毎日運動しなければならないと思っているような人は「あるく・おトク・でんきプラン」で運動の継続効果と電気料金の割引という一石二鳥のメリットがあります。

 

ご興味ある方は、公式サイトで詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事など

【IPO】 REITのIPO過去実績をまとめてみた。

f:id:mmmiler:20170124115859j:plain

 

過去記事でREITのIPOの初値予想には自信があると言い放ってしまったのですが、実際の所どうだったのか過去の成績をまとめてみました。 

過去実績  

上場時期 REIT名 公募価格 初値 差額 投資状況
2015年2月 ケネディクス商業リート 230,000 260,500 30,500 参加
2015年3月 ヘルスケア&メディカル 110,000 170,000 60,000 参加(はずれ)
2015年6月 サムティ・レジデンシャル 102,000 99,000 -3,000 参加
2015年7月 ジャパン・シニアリビング 190,000 170,000 -20,000 パス
2015年11月 いちごホテルリート 106,000 104,100 -1,900 パス
2016年2月 ラサールロジポート 100,000 105,000 5,000 参加
2016年4月 スターアジア 100,000 99,100 -900 パス
2016年6月 タカラレーベン・インフラ 100,000 109,900 9,900 参加
2016年7月 マリモ地方創生リート 92,000 88,500 -3,500 パス
2016年8月 三井不動産ロジスティクスパーク 270,000 271,400 1,400 参加
2016年8月 大江戸温泉リート 93,000 89,200 -3,800 パス
2016年9月 さくら総合リート 91,000 79,000 -12,000 パス
2016年12月 いちごグリーンインフラ 100,000 96,100 -3,900 パス
2016年12月 みらい 183,000 176,000 -7,000 パス
2017年2月 森トラスト・ホテルリート 143,000 145,000 2,000 参加
2017年3月 日本再生可能エネルギーインフラ 93,000 89,200 -3,800 パス

 

2015年以降のREITのIPOを上記の表にまとめてみました。

まずは、REITのIPOはあまり儲からないということが分かります(笑)。通常のIPOのように爆上げすることもありません。割れても下値は限定的ではありますが、たまに大きく下げる銘柄もあります。そうするとREITのIPOはパスするのが無難ということになってしまいますが、割安な公募価格が付けられることもありますので、中身を見て慎重に参加するのがいいでしょう。

さて、MMMilerの投資状況ですが、BBに参加したのが、ケネディクス商業リート、ヘルスケア&メディカル、サムティ・レジデンシャル、ラサールロジポート、タカラレーベン・インフラ、三井不動産ロジスティクスパーク、森トラスト・ホテルリートの6銘柄で、うちヘルスケア&メディカルは抽選に当たらなかったという結果になっています。

自分でも驚きですが、サムティ・レジデンシャル以外は見事に公募割れ銘柄を回避していました森トラスト・ホテルリートにしても他のブロガーの予想は公募割れが多かったところ、強気の予想を貫きました。初値はそこまで強くなかったものの、公募割れはせず、上場当初の売り物を吸収してしばらくするとMMMilerの予想初値である150,000円を超えてきました。現在では、151,900円を付けています。

このように、REITのIPOの初値予想にはある程度自信を持っています。これからも読者の方の参考になるような記事を書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

 

関連記事等

【IPO】 初値結果:テモナ(2日目) これもすごい!

f:id:mmmiler:20170130155348j:plain

昨日から持ち越されたテモナは2日目に初値が付きました。 

引き続き大幅な買い気配から始まり、前場開始からしばらくたった10時10分に、

8,050円(公募価格+5,500円)の初値が付きました。

初値形成後は、初値前後での動きです。今のところ高値は8,480円、安値は7,860円となっていますが、買いの方が優勢な感じです。これからどっちに動くか注目です。

なお、初値での出来高は219,900株(公募売り出し株数の約66%)でした。

スポンサーリンク

 

   

関連記事等