読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

証券アナリストがマイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

グランドキャニオン・モニュメントバレー旅行記(2008年4月)

スポンサーリンク

今回は、2008年の春休みを利用したアメリカ西部への旅行記です。

 

 


…以前から一度は行きたかったグランドキャニオン、モニュメントバレー。

 

…MMMilerにとっては、初の海外レンタカー挑戦。

 

…絶景ハンターの原点となる旅。


 

ということで、この旅行記をまず最初にアップすることにしました。

 

 

 

予約と計画

 

まず、はずせない行先としてグランドキャニオンとモニュメントバレー。

 

両方を回るためには、ツアーに入るか、自分でレンタカーを運転するかのどちらか。

 

レンタカーに不安はあったが、ツアーでは自由度もないし、高いので、レンタカーで決まり。

 

他に行きたい所としては、ラスベガス、ルート66で有名なセリグマン、アンテロープキャニオン、パウエル湖。

 

計画は、ラスベガスまで飛んでレンタカーを借り、レンタカーで回ることとした。

 

車での所要時間は、Googleマップで計算した。

 

その結果次のような行程となったが、結果的には4日目の移動が少々厳しかった。

 

(1日目)

成田 → サンフランシスコ(乗継) → ラスベガス (泊)

 

(2日目)

ラスベガス → グランドキャニオン (泊)

 

(3日目)

グランドキャニオン → モニュメントバレー (泊)

 

(4日目)

モニュメントバレー → アンテロープキャニオン → ラスベガス (泊)

 

(5日目~6日目)

ラスベガス

 

(7日目)

ラスベガス → サンフランシスコ(乗継) → 成田

 

なお、グランドキャニオンの宿泊は、公園内のロッジを公式サイトから予約した。モニュメントバレーは、グールディングスロッジを公式サイトから予約しておいた。(当時は、モニュメントバレーのザ・ビューホテルは、まだできていなかった。)

 

 

 

旅行記

 

初日は、成田空港からサンフランシスコ乗継でラスベガスまで。UAの格安航空券でもちろんエコノミー。長旅でしたが、子供たちも元気いっぱい。

 

ラスベガスでは初レンタカーですが、明るいうちの到着だったので少しは気が楽でした。呪文のように「右側通行、右側通行」と唱えながら運転しましたが、左ハンドルということもあり、思ったほどは、まごつきませんでした。

 

ホテルは、翌日すぐに出るからということで、安めのホテルですが「サーカス サーカス」。このホテルは定期的にちょっとしたサーカスのショーをやってくれます。もちろん無料です。

 

 

2日目は、少し早起きして、ラスベガスを出発。朝食は、前日に目をつけておいたクリスピークリームドーナツ1ダース。(当時は、日本ではできたばかりで、大行列でした。)

 

途中フーバーダムに少し寄り、セリグマンに着いたのがお昼頃。

 

IMG_3829 (309x450)

 

セリグマンは古き良きアメリカといった感じのイメージ通りの街並みでした。

 

ここから一路グランドキャニオンへ。何とか夕焼けに間に合いました。

 

IMG_3852 (450x338)

 

日没まで、刻一刻と移り変わる景色を眺めて公園内のロッジに帰りました。

 

 

3日目も、朝日を見るために早起き。

 

IMG_3877 (450x338)

 

朝日に照らされるグランドキャニオンもまた素晴らしいです。

 

朝食後、グランドキャニオンの東側の方に回ります。

 

IMG_3889 (450x338)

 

ここからは、グランドキャニオンを形作ったコロラド川の川筋も見えます。

 

昼前にグランドキャニオンを後にして、モニュメントバレーに向かいます。

 

数時間後、いよいよ有名なあの景色が見えてきました。

 

モニュメントバレーでは、ビューポイントがいくつもあって、それを回っているうちに日が暮れてきました。

 

宿泊はすぐ近くの、グールディングスロッジです。ベランダからはモニュメントバレーの絶景を見ることができます。

 

 

翌朝は、また早起きしてベランダから日の出を見ました。

 

IMG_3912 (450x338)

 

朝日とモニュメントバレーとの素晴らしいコラボです。ベランダでコーヒーを飲みながら、この景色が見られるなんて最高です。

 

まずは、メキシカンハットに向かいます。

 

IMG_3928 (450x338)

 

絶妙なバランスで岩が乗っています。続いて、アンテロープキャニオンに向かいます。

 

アンテロープキャニオンでは、トラブル発生!

 

といっても、大した話ではないのですが、お金が足りなかったのです。

 

アメリカでは、大抵の支払いはカードなのですが、アンテロープキャニオンの入場料はキャッシュのみだったのです。

 

あまり、現金をもっていなかったMMMIlerは数ドルほど足りなかったのです。

 

入口のところで悩んでいると、近くに一人で座っていた日系人らしき人(なぜここに居たのかは不明。物を売っていた訳でもない…)が声をかけてくれたので、

 

「現金が必要とは思わなかったので、少し現金が足りない。」

 

と説明すると、なぜか

 

「これで足りるか?」

 

と数ドル出してくれたのです!

 

現金を出金するためには、ATMのあるところ(ガソリンスタンドやスーパー)に行く必要があり、それも結構遠かったので、大助かりでした。そのおかげで無事入場できました。

 

IMG_3958 (338x450)

 

IMG_3931 (450x338)

 

中の景色はこんな感じで、岩を水が削り取ってできた川筋です。

 

雨が降るとこの中に勢いよく水が流れ、鉄砲水のようになることもあるそうです。

 

アンテロープキャニオンはアッパーとロウアーがありますが、こちらはアッパーの方です。アッパーの方が、通路の幅が広く、見学しやすいです。ロウアーの方も、また後で訪ねることになりますが、基本的な造形は同じですが、幅が狭く壁が迫っているため、より迫力があります。

 

アンテロープキャニオン見学後も例の日系人がいたので、お礼として、子供達から手持ちの日本のお菓子を渡しました。

 

ここからは、パウエル湖に寄ってから、ラスベガスまで一気に戻ります。地図上では4時間半の道のり。

 

明るいうちに着きたかったのですが、途中で日没。

 

フリーウェイ15号線を走って行ったのですが、街灯があまりなく、道は真っ暗。

 

ラスベガスはまだか、まだかと走り続けました。すると暗闇の前方にかすかな明かりが。

 

そしてそれが段々と輝きを増していきます。

 

ラスベガスはまぶしい光の世界に見えました。

 

IMG_3978.jpg

 

ラスベガスでは3泊して、街中の散策、アウトレットでの買い物、各ホテルでのショーなどで楽しみました。

 

IMG_3998.jpg

 

帰りは、ラスベガスからサンフランシスコ乗継で成田までUAのフライトです。

 

この旅行で、次のことが分かり、

 

✔アメリカ西部の自然の雄大なこと

✔レンタカーの運転が意外と難しくないこと(移動も楽なこと)

✔アウトレットなどの買い物も充実していること

 

家族皆で旅行はアメリカがいい!派となりました。

 

ということで、アメリカへの旅が続くことになるのです。

 

 

 

次回は2010年夏休みのイエローストーンへの旅をアップ予定です。

 

 

 

にほんブログ村で海外旅行の記事をもっと読む