マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

マイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

ANAファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。

スポンサーリンク

MMMilerが実践しているANAファーストクラスにお得に乗る方法を解説します。

 

まずは、ファーストクラス体験記から。

 

この座席(1K)に座りました。フルフラットになりますから、ぐっすり眠れます。

IMG_1065.jpg

 

KRUGのシャンパンとアミューズです。シャンパンはもちろん目の前で開けてくれます。

IMG_1068.jpg

 

前菜です。キャビアが山盛りです。こんなにキャビアが食べられることは中々無いでしょう。

IMG_1069.jpg

 

チケットはまだ取ってあります。

チケット

 

詳細はこちらの記事で。 


一生に一度は乗ってみたいですよね。

 

次の方法を実践すれば、誰でも乗ることができます

 

簡単ですから、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

 

1.概要

✔ファーストクラスのチケットを普通に買ったらこの値段では買えません。

✔ANAマイレージの特典航空券を利用します。

✔短距離では意味が無いので、北米レギュラーシーズンのファーストクラスが取れる15万マイルを目標とします。

 

2.マイルの貯め方

✔マイルといえば、本来は飛行機に乗って貯めるものですが、普通に乗っていては15万マイルも貯まりません。

✔次にメジャーな方法としては、クレジットカードで貯める方法。多くても1%程度の還元率なので、15万マイル貯めるためには1,500万円の決済が必要で、現実的ではありません。

✔そこで、ポイントサイトを利用して貯めたポイントをマイルに交換することにより15万マイルを達成します。

 

*ポイントサイト:ポイントを付与することにより利用者への還元がある広告サイト。下記で紹介する、ハピタス・ちょびリッチなどがメジャー。

 

3.ポイントの貯め方(初期設定)

まず、初めにやらなければならないのは、次の4つです。

 

✔「ハピタス」の登録

✔「ちょびリッチ」の登録

✔「ドットマネー」の登録

✔「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の発行

 

ハピタスとちょびリッチはポイントを貯めるためのサイトです。ドットマネーはポイントを貯めることにも使えますが、主にポイントを交換するために使います。ソラチカカードはポイントを交換するために使います。

 

3-1.ハピタスの登録方法

ハピタスの登録がまだの方は、下記のリンクからハピタスの登録画面に行けます。

 

このリンクから登録すると特典として30ポイントがもらえます。さらに、2017年3月31日までにポイント交換を1度でも行うと追加で1,000ポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(ハピタスは1ポイント=1円です。)

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

3-2.ちょびリッチの登録方法

ちょびリッチの登録がまだの方は、下記のリンクからちょびリッチの登録画面に行けます。

 

このリンクから登録し、登録月末までに1ポイントでも獲得すると、特典として500ポイントがもらえます。(ちょびリッチは2ポイント=1円です)

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

3-3.ドットマネーの登録方法

ドットマネーはアメブロのサイバーエージェントの運営するポイントサイトです。アメブロのIDを持っていれば、そのままログインできます。持っていない方は次のリンクからどうぞ。

 

ドットマネーロゴ

 

 

3-4.ソラチカカードの発行方法

ソラチカカードはクレジットカードですが、これが無いとマイルへの交換効率が極端に悪化しますので、カード嫌いの方もこれだけは作っておいた方が良いです。

 

以前はソラチカカードもポイントサイトからお得に入れるキャンペーンがあったのですが、現在はありませんので、直接ソラチカカードのサイトから発行します。(下記のカード画像からソラチカカードのページにリンクしています)

 

ソラチカ

 

なお、初年度年会費無料、ボーナス1,000マイルキャンペーンをやっていますので、特に費用はかかりません。

ソラチカ2

 

4.ポイントの貯め方(実践編)

マイルへの交換に制限があるために毎月20,000円分のポイント(ハピタスなら20,000ポイント、ちょびリッチなら40,000ポイント)を目途にポイントを貯めていきます。

 

ポイントを貯めるためには、掲載されている広告を使うことになります。物品の購入、口座の開設や登録などがあります。大きくポイントを稼げる広告は、次の3種類が代表格です。

 

✔クレジットカード、ローンカードの発行

✔保険相談

✔FX口座開設

 

これらは、10,000円相当以上のポイントが稼げることの多い広告です。この中から毎月2件程度をこなしていけば、目標に近づきます。

 

簡単な注意点としては、

✔クレジットカード、ローンカードの発行:取り組みやすい案件ですが、短期間で大量に申し込むことの無いように気を付けます。

✔保険相談:ポイント付与の条件に契約締結が含まれていないかどうか確認した方が良いです。

✔FX口座開設:ポイント付与の条件に実際の取引が含まれていないかどうか。含まれているとしたらどの程度の量なのか。確認する必要があります。

 

この他、日ごろ使っている通販サイトなどもポイントサイトを通すだけで、ポイントを得ることができます。

ロハコ

楽天市場

DHC.png

ファンケル

 

5.ポイントの貯め方(裏ワザ的実践編)

上記4の貯め方ですと基本的には無料ですが、ある程度費用はかけても面倒なことはしたくないという方のためのポイントの貯め方です。実質的にはマイルを買うのと同じです。

 

また、4の貯め方で20,000円相当のポイントが貯まらなかった月に不足分をこの方法で補てんするという方法もあります。

 

まず、携帯でドットマネーを開きます。下の方にあるドットマネーモールへのリンクをクリックします。

 

IMG_1626.png

 

ドットマネーモールの下の方にある広告サービスのジャンルから「今すぐもらえる」を選びます。

 

IMG_1623.png

 

人気順あるいはマネー順で並べ替えます。(ドットマネーは1マネー=1円です。)

 

ここで出てくるのは、携帯用の月次課金登録です。ここでは、高額かつ還元率が高いものがあるので、効率よくポイントが稼げます。人気順に並べると、やはり還元率の高いものが上位に出てきます。

 

例えば、下記は30,000円で29,640円相当のポイント。

 

IMG_1625.png

 

こちらは10,000円で10,400円相当のポイント。

 

IMG_1624.png

 

還元率の高いものを選んで登録します。注意点としては、2回目の課金(翌月1日が多い)がされないように、ポイントが加算されたら忘れずに解約することです。

 

これを組み合わせれば、確実に月に20,000円分のポイントを得ることができます。

 

6.ポイントからマイルへの交換

ポイント交換の流れは次のようになります。

交換ルート

交換ルート2

(図は、ポイ探より)

 

ハピタス、ちょびリッチ、ドットマネーで貯めたポイントをドットマネーに集約して、東京メトロ(ソラチカカード)を経由してANAマイルに交換します。東京メトロからANAマイルへの交換は月に20,000ポイントまでとなっています。これが、これまで月に20,000円相当のポイントが目途と言ってきた理由です。

 

(交換にかかる期間)

ハピタス → ドットマネー :3営業日

ちょびリッチ → ドットマネー :リアルタイム

ドットマネー → 東京メトロ :15日までの交換申請が翌月11日に反映

東京メトロ → ANAマイル :15日ごろまでに交換申請すると翌月上旬に反映

 

交換にかかる期間は上記の通りで、獲得したポイントがマイルに交換されるまで、早くて約2か月となります。

 

7.特典航空券の発券

この手順の通り実行すると、始めて4か月目の上旬に18,000マイルが貯まり、11か月目の上旬には18,000x8=144,000マイルが貯まります。これに、ソラチカカードのボーナスマイルやカードマイルも合わせると15万マイルが達成できていることでしょう。

 

ファーストクラスでの北米往復達成です!

 

でも予約できないと、意味ないですよね。

 

8月下旬の日程で検索してみました。

 

F予約

 

席はありました!

(ちなみに、同じ便を普通に予約すると212万円!!です。)

 

8.まとめ

まとめとして、コストを計算してみます。

 

4.の方法ですべてのポイントを賄った場合:0円

5.の方法ですべてのポイントを賄った場合:2万円x8=16万円

 

ということで、かかる費用は0円から最大でも16万円で済みます。

通常はかなり4.の方法で稼げますから実践した人の大多数は0円に近くなると思います。

また、最大で16万円かかると言っても、16万円ではビジネスクラスにも当然乗れません。安いエコノミーのチケットがせいぜいです。

 

さらに特典航空券には格安チケットと比較して大きなメリットがあります。変更に対する自由度です。格安エコノミーは変更など一切できませんが、特典航空券の場合、経路を変えない限り、有効期間内で空席があれば変更が可能です(空席が無いということはあり得ます)。取消しも3,000マイルの手数料のみで可能です。ですからかなり先のチケットを取ってもリスクは小さいです。

 

このように、現在の仕組みはとても有利な形となっています。世の常として、こういう状態は、どこかが変更されて長続きしないものです。

 

今のうちに一生に一度はファーストクラスを体験することをお勧めします。