読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

証券アナリストがマイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

みんなのクレジットは危険?投資を検討していましたが、結局やめました。

スポンサーリンク

過去に記事にしたみんなのクレジットへの投資案件ですが、色々と検討した結果、投資はしないことにしました。

 

みんなのクレジットの強み・弱みを簡単にまとめてみると、

 

 

みんなのクレジットの強み

 

✔最大14.5%の高利回り+比類なきキャッシュバック

✔全案件が担保付

✔第二種金融商品取引業者登録済

✔これまでに貸倒実績はない

 

 

みんなのクレジットの弱み

 

✔途中解約ができない

✔元本保証がない

✔借入人の顔が見えない、担保など貸付条件の詳細がわからない

✔設立からの日が浅い

 

 

といった感じになると思います。

 

この中で一番引っかかったのは、「借入人の顔が見えない、担保など貸付条件の詳細がわからない」という点です。要するに自分の負っているリスクが何なのか分からないということです。

 

これに関しては、担保取得済みであること、あるいは貸倒実績が無いということから一定程度緩和されますが、歴史も浅いことから貸倒実績が無いというだけで目利き能力を完全に信用できるわけではありません。

 

また、高リターンの裏返しですが、借入人はかなりの高金利で借り入れていることになります。キャッシュバックも考慮すると投資家の利回りは12%以上にはなっていますので、みんなのクレジットの利ザヤを考えると借入人は利息制限法の上限である15%で借りているのではないかと考えられます。

 

当然借入人は、銀行などから借りることができないので、こうした借入に頼らざるを得ないということは確かです。「投資型クラウドファンディングで資金を集めたい事業社=銀行で融資を受けれない怪しい・危ない事業社という訳ではない」と断言する向きもありますが、MMMilerとしては、通常の金融機関の審査を通らないリスクの高い先と考えます。プロがやらない先にアマチュアが出て行って勝てるとは思えません。(ただし、リスクの高い先が必ず倒産する訳ではありません。通常の金融機関には分からないノウハウを持っていて、リスクの見極めができるということはあり得ますが、みんなのクレジットは審査能力の高さを謳ってはいません。)

 

仕組み自体は、第二種金融商品取引業者登録もしているので、しっかりしていて、詐欺ということはないと思いますが。

 

もう一つ気を付けなければいけないのは、本ブログも含めブロガーの意見を鵜呑みにしないこと。アフィリエイトがありますから、意見にバイアスがかかっていると考えた方が良いです。(本件、料率が高いのでブロガーがこぞって勧めています。)

 

 

まとめ

 

自分の負うことになるリスクが何なのか分からないので止めることにしました。

 

みんなのクレジットへの投資はお勧めはしませんが、もし投資されるのでしたら、ハピタスなどを経由してプラスアルファをもらって投資することをお勧めします。

 

*なお、本記事のコメントはMMMilerの個人的見解です。投資は自己責任でお願いします。

 

人気記事