読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

証券アナリストがマイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

アメリカ皆既日食ツアー(2017年8月)の計画

スポンサーリンク

f:id:mmmiler:20170126163503j:plain

 

2017年8月21日にアメリカで皆既日食があります。夏休み期間中で、しかもアメリカという好条件ですから絶景ハンターのMMMilerとしては、行かないわけには行きません。これまでの日食遠征は一人旅でしたが、今回は家族にも見せたいので、家族全員での遠征です。

まだ半年以上先ですが、予約などはすべて完了していますので、ここまでの経緯などを書いていきます。

 

過去の皆既日食遠征

 MMMilerはこれまで2回皆既日食遠征に行きましたが、1勝1敗という成績です。

 

 2009年7月 上海: 曇/雨のため見えず。

 2012年11月 ケアンズ: きれいに見えた。(上の写真はその時のもの)

 

上海は曇/雨で、欠けた太陽が雲の切れ目から見えた時もあったのですが、皆既の太陽は見えませんでした。ただ、それでも空は暗くなるので、皆既日食の雰囲気は味わえました。ケアンズは、海岸線は雲が多かったようでしたが、内陸の方に行ったのでほぼ快晴という絶好の条件で見ることができました。旅行記は書きたいものがまだまだ溜まっているので順次書いていきたいと思います。

 

2017アメリカ皆既日食の概要 

f:id:mmmiler:20170126165444p:plain

NASA - Total Solar Eclipse of 2017 Aug 21より)

 

NASAのサイトに分かりやすい地図が あったので、引用しています。赤が皆既日食の中心線で、青が限界線です。アメリカを東西に横切り、色々な場所で皆既日食を見ることができます。時期といい、場所といい、これ以上の条件はまたと無いでしょう。

 

観測地選定 

これだけ広い地域で皆既日食が見られるので、実際の観測地をどこにするのか迷います。なんといっても晴天率が高くて、行きやすいということです。アメリカ西部はMMMilerも何度も行っていますが、基本的に乾燥地帯で晴天率が高いイメージがあります。英語のサイトですが、こちらで雲量のデータが確認できます。

f:id:mmmiler:20170126170712p:plain

 (2017 Overview | Eclipsophileより)

上に行けばいくほど統計的に雲量が多いということになります。真ん中くらいまで(州でいえばオレゴン、アイダホ、ワイオミング)は若干の凹凸はあるものの低いレベルにとどまり、ネブラスカから東は上昇傾向となります。

イメージ通り、西の方が天候の条件は良さそうです。

交通の便で考えると、シアトルもしくはポートランドに入ってオレゴン州のマドラス、ミッチェルといった街を目指すか、ソルトレイクシティに入ってアイダホ州のアイダホフォールズ辺りを目指すのがいいようです。

オレゴン州の方が天候の条件は良さそうですが、街の大きさを考えるとアイダホフォールズの方がホテルの予約が取りやすそうだということと、皆既日食前後の予定を考えると、イエローストーンにも足を伸ばせるということでアイダホフォールズを第一希望としました。

 

 予約 

ホテルの予約は1年以上前からも散発的に試してきましたが、オンラインで予約できるチェーンのモーテルもなかなか予約できるようになりませんでした。予約ができるようになったのは、9月に入ってから。毎日サイトをチェックしていたはずなのですが、アイダホフォールズのホテルはすべて満室。近くの大き目な都市ということでポカテッロ(Pocatello)という街でホテルを何とか確保しました。

f:id:mmmiler:20170126174025p:plain

 (NASA - Total Solar Eclipse of 2017 Aug 21より)

 ポカテッロはアイダホフォールズの少し南側で皆既食帯にはかかっていませんので、皆既日食の当日は北上してアイダホフォールズを目指すか、東に進んでオレゴンの方まで遠征するかします。

 

フライトは、ロサンゼルスにも寄りたかったので、

東京ーロサンゼルス(ストップオーバー)ーソルトレイクシティーロサンゼルス(乗り継ぎ)ー東京 

といった感じで取りました。本当は、マイレージで取りたかったのですが、さすがに家族全員分には足りなかったことと、今回ばかりはスケジュール優先でそもそもマイレージでは取りにくかったということもあってエコノミーを通常購入しています。MMMilerと妻はSFCの特典で、プレミアムエコノミーへのアップグレードを目論んでいます。

 

 2017アメリカ皆既日食ツアーの状況

複数の旅行会社からアメリカ皆既日食観測ツアーが発売されていますが、どこも既に一杯のようです。

 

セブンカルチャーネットワーク

 観測地:オレゴン州カニータ・リゾート

 金額:約50万円

クラブツーリズム

 観測地:アイダホ州ドリッグス

 金額:約60万円

阪急交通社

 観測地:オレゴン州マドラス、ワイオミング州キャスパー

 金額:約35万円(弾丸ツアー)~

PTS

 観測地:ワイオミング州リーバートン、オレゴン州セーラム

西鉄旅行

 観測地:オレゴン州カニータ・リゾート

 金額:約50万円

近畿日本ツーリスト

 観測地:オレゴン州コーバリス

 金額:約45万円

国際航空旅行サービス

 観測地:アイダホ州スタンリー、オレゴン州メトリアス、ワイオミング州デュボワ

 金額:約40万円

 

このような感じで出ていますが、やはり観測地はオレゴン州、アイダホ州、ワイオミング州に集中しています。これらも参考に皆既日食の当日の動きを考えていきたいと思っています。

 

関連記事