読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

証券アナリストがマイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

【旅行記】ファーストクラスで絶景探検⑫バックスキン・ガルチ

スポンサーリンク

5日目

5日目はラスベガスへの移動日でしたが、午前中はバックスキン・ガルチに行きました。バックスキン・ガルチはスロットキャニオン(岩の割れ目に水が流れて浸食されて空間ができたもの)の一つで、全長21km以上あります。

バックスキン・ガルチへの行き方ですが、ザ・ウェーブに行く時と同じワイヤーパストレイルヘッドの駐車場から歩きます。

 

5日目の行程は次のGoogleMapの通りで、カナブから一旦東方向に進み、バックスキンガルチをトレッキングしてから、カナブまで戻り、インターステート15号線を使ってラスベガスまで行きます。

f:id:mmmiler:20170203152526p:plain

 

ワイヤーパスの駐車場です。バックスキン・ガルチに行く人はそう多くないので、ここに停まっている車はザ・ウェーブに行く人の車が多いと思います。

f:id:mmmiler:20170203152535j:plain

 

初めは干上がった川に沿って歩いていきます。途中まではザ・ウェーブへの道のりと同じです。ザ・ウェーブへは、途中で右にそれる道があり、そこには許可証がなければ立ち入り禁止と書かれています。 

f:id:mmmiler:20170203152554j:plain

 

いよいよスロットキャニオンの入り口です。

f:id:mmmiler:20170203152614j:plain

 

 オオトカゲを発見!

f:id:mmmiler:20170203152642j:plain

 

中はこんな感じで、幅の狭い岩の亀裂の間をどんどん進んでいきます。岩は水の浸食で溝がたくさんできています。

f:id:mmmiler:20170203152717j:plain

 

少し広くなったところもあります。

f:id:mmmiler:20170203152718j:plain

スポンサーリンク

 

 

太陽もところどころ当たっていて、光のコントラストが出ています。

f:id:mmmiler:20170203152720j:plain

 

水たまりで行く手を阻まれることもあるようですが、この時は、水たまりはほとんどありませんでした。 

f:id:mmmiler:20170203152722j:plain

 

ここも幅が狭いところです。スロットキャニオンとしてはアンテロープキャニオンの方が有名で、やはりきれいですが、バックスキン・ガルチはどこまでも続きます。行っても行ってもこうした風景が続きます。

f:id:mmmiler:20170203152725j:plain

 

見えにくいですが、壁画です。動物の絵が描いてあります。

f:id:mmmiler:20170203152723j:plain

 

帰る時間が決まっているので、時間を見て途中で引き返してきました。まだまだいくらでも先に進めそうな感じでした。

 

バックスキン・ガルチからカナブに戻り、インターステートを使ってラスベガスまで進んで5日目は終了です。これで岩山の絶景は終わりです。明日はラスベガスから西に進み、デスバレーに向かいます。

 

⑬に続きます。

 

関連記事など