読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

証券アナリストがマイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

みんなのクレジットは怪しい?やっぱり怪しかった!投資を見送って正解。逃げられる人は早く逃げよう。

スポンサーリンク

f:id:mmmiler:20170404161241j:plain

 

みんなのクレジットに行政処分が 

怪しいのか、危険なのかなどと何かと話題になっていたみんなのクレジットですが、3月30日に関東財務局から行政処分を受けました。MMMilerも一時は本気で投資を検討していた先ですから、他人ごとではありません。では、中身を見ていきましょう。

 

みんなのクレジットの行政処分の内容 

<業務停止命令> 

金融商品取引業のすべての業務(顧客取引の結了のための処理を除く。)を平成29年3月30日から同年4月29日まで停止すること。 

<業務改善命令> 

1) 本件行政処分の内容について、顧客に対し速やかに適切な説明を行うこと。

2) 今般の法令違反及び投資者保護上問題のある業務運営について、発生原因を究明するとともに、直ちに是正すること。

3) 顧客が出資した財産の運用・管理状況を正確に把握し、顧客に対し、顧客が出資した財産の運用・管理の状況その他必要な事項の説明を速やかに行うこと。

4) 顧客の意向確認を実施し、顧客の公平に配慮しつつ、意向に沿った対応を行うなど、投資家保護に万全の措置を速やかに講ずること。

5) 責任の所在を明確化し、社内処分等を実施するとともに、金融商品取引業者として必要な、内部管理態勢を再構築すること。

6) 当社、当社の親会社及びその関係会社の財務状況を正確に把握し、当社における今後の資金繰り計画を策定すること。

7) 上記1)~6)までの対応・実施状況について、1カ月以内(改善策が策定・実施され次第随時)に、書面により報告するとともに、その実施状況を、すべてが完了までの間、随時書面により報告すること。 

1か月の業務停止ということで、割と重い処分だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

行政処分に至った理由

上記のような処分となった背景ですが、関東財務局の文章をそのまま紹介すると長いので、まとめつつ紹介します。  

ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

 貸付先がみんなのクレジットの親会社(以下「甲」という)及びその関係会社に集中しているが、サイト上では複数の不動産事業会社に貸し付けを予定しているかのような表示をして、顧客に誤解を与える表示を行ったうえで勧誘を行っていた。

イ  担保について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

 不動産または有価証券の担保を受け入れる旨表示しているが、実際は甲グループが貸付先であり、担保の大半は甲の保有する未公開株式となっていた。また、中には担保が設定されていない貸付も存在した。

ウ  ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充当されている状況

 すで償還されたファンド17本のうち10本については、他のファンドの出資金が償還資金に充てられていた。

エ  当社のキャンペーンにファンド出資金が充当されている状況

 甲に貸し付けられたファンドの資金がキャッシュバックキャンペーンの原資となっている。

オ  白石伸生代表取締役(以下「白石代表」という。)がファンド出資金を自身の借入れ返済等に使用している状況

 白石代表は、甲に貸し付けたファンド資金について、甲の社員に指示を出し、自身の預金口座に送金させていた。

カ  甲グループの増資にファンド出資金が充当されている状況

 甲に貸し付けられたファンド資金が、グループ内の貸付などを経て甲グループの増資に充当されている。

キ  ファンドからの借入れを返済することが困難な財務の状況

 甲は平成28年5月から11月までの間、毎月多額の損失を計上しており、8月から10月までの間は債務超過であったことなどから、ファンドからの借り入れの返済が滞る可能性が高い。

これを図解したのがこちらの図です。(証券取引等監視委員会の資料より)f:id:mmmiler:20170404171024p:plain 

スポンサーリンク

 

行政処分を受けての所感 

MMMilerとしては特に被害はありませんでした。以前の記事で書いたように、貸付先がどんな先か分からない不安から投資を止めましたが、まさか貸付先の大部分が親会社だったとは思いもよりませんでした。 

指摘された事項を見てみると、かなりひどい中身であることが分かります。

ソーシャルレンディングと言いつつ、資金のほとんどは自社グループで流用していたということで、しかもその一部は代表個人の手にも渡っているということですから本当に悪質です。

これだけ信用が失墜すると、業務停止が明けても資金が入ってくるはずもありませんし、そもそも貸付先が見つけられないのですから業務が回るわけがありません。遅かれ早かれ破たんする可能性は高いのではないでしょうか。

償還業務は続けられていますから、幸運にも償還がされた方は一刻もはやく出金することをお勧めします。 

 

関連記事等