マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

マイレージやIPO投資の利益を使って、お金をかけずに絶景探検します。絶景を旅した旅行記やマイレージの貯め方も紹介します。タダでファーストクラスに乗る裏ワザも公開。

【IPO】 初値予想とBBスタンス:CREロジスティクスファンド投資法人

f:id:mmmiler:20180111103849p:plain

 

仮条件前での勝手な初値予想です。

 

まず初値予想のやり方ですが、通常のIPOの初値予想は需給を重視して行っています。具体的には、直近のIPOの初値がどれ位で付いたのかをベースに個別の要素(市場・規模・業種など)を加味しています。

REITについては、配当金利回りをベースに初値予想をしています。具体的には、類似したREITといくつかの要素(スポンサーの格、資産の質、格付など)を中心に比較して、想定される配当金利回りを出していきます。 

今回のCREロジスティクスファンド投資法人については、物流特化型REITの4社と比較しました。

各社の概要は次の通りです。

f:id:mmmiler:20180111111411p:plain *CREロジスティクスファンド投資法人の分配金利回りは2018年6月期予想の2,539円、2018年12月期予想の3,294円および2019年6月期予想の2,937円(いずれも主幹事ヒアリング値)と想定価格の108,000円に基づいて計算

 

スポンサーリンク

 

   

スポンサー

スポンサーについては、三菱地所、三井不動産は言わずと知れた不動産の大手ですから問題ありません。あえて言うならば、丸の内を除くと、開発などは三井不動産の方が若干上かなというイメージです。三井物産も超有名企業ですが、不動産という面から考えると三菱地所や三井不動産よりは若干落ちるのではないでしょうか。プロロジスについては、米国上場で世界的には物流の大手ということのようですが、日本での知名度はまだまだといったところでしょう。シーアールイーは1部上場の不動産会社です。歴史は浅いものの、もともと物流に特化している企業です。

(評価:三菱地所◎、三井不動産◎、日本ロジ(三井物産)○、プロロジス○、シーアールイー○~△)

 

保有資産 

5社ともに物件は首都圏中心であり、あまり差は見受けられません。

(評価:各社とも◎)

 

格付け

格付けは第三者の目が入っているという意味と日銀の買い入れの対象になるという点で重要です。CREロジスティクスファンドは格付けの取得予定はありませんが、それ以外の4社は日銀買い入れの対象となるAA格以上を持っているので、特に差はありません。

(評価:三菱地所◎、三井不動産◎、日本ロジ(三井物産)◎、プロロジス◎、シーアールイー×)

スポンサーリンク

 

   

まとめ

このように比較していくと、シーアールイーが劣る項目が多いようです。各項目を総合すると、物流特化型REITの中での位置づけは、

 

 三井不動産ロジ > 三菱地所物流リート > 

         プロロジス = 日本ロジ >> シーアールイー

 

というイメージで考えます。(評価が高いほど分配金利回りは低くて良い)

 

日本ロジの利回りが4.09%ですから、シーアールイーはそれより高い利回りが妥当となります。CREロジスティクスファンド投資法人の分配金利回りを4.5%-4.8%と予想し、初値としては121,800円~130,000円と予想します。

ただし、上場当初は需給要因もありますので、(初値予想と言いつつ申し訳ありません)初値ではここまで行かず、115,000円~120,000円程度となり、需給がこなれてくる、上場から1-2か月後に121,800円~130,000円まで届くという予想ということでよろしくお願いいたします。 

スポンサーリンク

 

   

関連記事等

 

【IPO】 抽選結果(当選・落選結果):2017年IPO当選結果のまとめ(最終版)

f:id:mmmiler:20170119120155j:plain

前回、2017年のIPO当選結果をまとめたのですが、すっかりREITのIPOが抜け落ちていました。REITについては、別カウント扱いするようにしていたので、すっかり忘れていました。金額的には微々たるものですが、REITの実績も合わせてまとめ直しました。当選銘柄は全部で12銘柄です。

 

1. ファイズ 100株 大和証券(+276,000)

2. ビーグリー 100株 日興証券(+100)

3. グリーンズ 100株 野村證券(+12,100)

4. ソウルドアウト 100株 三菱UFJモルガン・スタンレー証券(+91,300)

5. シェアリングテクノロジー 100株 大和証券(+139,000)

6. エスユーエス 100株 野村證券(+267,000)

7. SGホールディングス 100株  三菱UFJモルガン・スタンレー証券(+28,000)

8. ジーニー 100株 野村證券(+132,400)

9. オプトラン 100株 大和証券(+97,600)

10. 要興業 200株 野村證券(+40,000)

 

(REIT分)

1. 森トラスト・ホテルリート投資法人 日興証券(+2,000)

2. 三菱地所物流リート投資法人 日興証券(+14,000)

 

カッコ内は初値売却時の利益(手数料控除前)です。合計では1,099,500円の利益となりました。

REITも含めて公募割れを一つも引いていません。ただ、昨年の環境ではもう少し攻めた方が利益はあがったと思います。

引き続き、みずほ証券での当選が今年の目標です。

 

スポンサーリンク

 

    

関連記事等

今週の取引予定(IPO・株主優待・分売)(2018年1月第1-2週)

f:id:mmmiler:20170522111107j:plain

MMMilerの備忘録も兼ねて、今後の取引予定をまとめておきます。年初ということもあり、案件は少なくなっています。

 

(IPO)  

 なし

 

(株主優待)

1月20日及び1月末権利銘柄の銘柄選定

 

(立会外分売)

1/12(金)-1/19(金) 実施予定 6877 OBARA GROUP

 

スポンサーリンク

 

 

<再来週以降のスケジュール>

(IPO) 

1/24(水)ー1/29(月) BB期間 3487 CREロジスティクスファンド投資法人

1/31(水) 抽選発表 3487 CREロジスティクスファンド投資法人

2/7(水) 上場日 3487 CREロジスティクスファンド投資法人 

 

(株主優待)

1月20日及び1月末権利銘柄の銘柄選定

 

(立会外分売)

なし

スポンサーリンク

 

 

 関連記事等

【IPO】 抽選結果(当選・落選結果):2017年IPO当選結果のまとめ

f:id:mmmiler:20170119120155j:plain

2017年は10件のIPOに当選できました。

少々遅くなってしまいましたが、2017年のIPO当選結果をまとめてみました。

 

1. ファイズ 100株 大和証券(+276,000)

2. ビーグリー 100株 日興証券(+100)

3. グリーンズ 100株 野村證券(+12,100)

4. ソウルドアウト 100株 三菱UFJモルガン・スタンレー証券(+91,300)

5. シェアリングテクノロジー 100株 大和証券(+139,000)

6. エスユーエス 100株 野村證券(+267,000)

7. SGホールディングス 100株  三菱UFJモルガン・スタンレー証券(+28,000)

8. ジーニー 100株 野村證券(+132,400)

9. オプトラン 100株 大和証券(+97,600)

10. 要興業 200株 野村證券(+40,000)

 

カッコ内は初値売却時の利益(手数料控除前)です。合計では1,083,500円の利益となりました。

こうして見てみると、当選したのは当然ながら主幹事のみです。当たりにくいイメージのあった野村證券ですが、意外と当たっていました。逆に当たっていないのがみずほ証券です。主幹事銘柄はそれなりにあったと思いますが、なぜでしょう?

今年は、みずほ証券での当選を引き当てたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

    

関連記事等

 

【株主優待】 2017年12月株主優待タダ取りクロス

f:id:mmmiler:20170222160826j:plain

12月分の株主優待クロスの現時点までの取得分です。

12月分の銘柄はそこそこあります。これまでの取得実績は9銘柄になります。来週の火曜日が最終日となりますが、今月の逆日歩は6日分ありますので、制度信用で攻めることはなく、一般信用で取れる分を追加していきます。追加の銘柄としては、ヒューリックやビール系があります。

スポンサーリンク

 

 

12月末日権利日 

(Kabu.com証券分)

不二家 100株(3,000円分の買物券)

長府製作所 500株(3,000円分のクオカード)

日本マクドナルド 100株(バーガー等引換券6シート)

すかいらーく 1,000株(36,000円分の優待券)

帝国繊維 100株(クオカード1,000円分+3,000円相当商品)

ブロードリーフ 5,000株(クオカード30,000円分+20,000円相当商品)

ローランドDG 100株(3,000円相当の名産品)

トラスコ中山 100株(5,000円相当の商品)

 

(SBI証券分)

ロイヤルHD 1,000株(12,000円分の優待券)

  

今月は今のところ9銘柄です。単純合計で約100,000円相当をゲット予定です。経費の方もざっとの計算ですが21,000円くらいになりそうですから、今月はかなり得するイメージです。

スポンサーリンク

 

関連記事等

【IPO】 抽選結果(当選・落選結果):オプティマスグループ 主幹事野村證券!!

f:id:mmmiler:20170119120155j:plain

オプティマスグループは野村證券主幹事の東証2部銘柄です。公開価格は仮条件の上限の1,800円に無事決まっています。

 

では、オプティマスグループの抽選結果(当選・落選結果)です。

 

野村證券(主幹事):パス

SBI証券:落選(1ポイントゲット) 

 

オプティマスグループはパスとしました。最近の地合いからすると攻めても良かったのかもしれません。SBI証券で1ポイントゲットして今年のIPOは終了となりました。

REITでの当選を除くと、通常のIPOの今年の成績は10勝64敗(15不戦)でした。

スポンサーリンク

 

    

関連記事等

【IPO】 抽選結果(当選・落選結果):要興業 主幹事野村證券でキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! けどこれも大丈夫??

f:id:mmmiler:20170119120155j:plain

要興業は野村證券主幹事の東証2部銘柄です。公開価格は仮条件の上限の750円に無事決まっています。

 

では、要興業の抽選結果(当選・落選結果)です。

 

野村證券(主幹事):当選!!

SMBC日興証券:落選

みずほ証券:落選

三菱UFJモルガン・スタンレー証券:落選

SBI証券:落選(1ポイントゲット)

f:id:mmmiler:20171219111320p:plain

 

要興業は主幹事野村證券で当選できました。とはいえ、手放しで喜べる銘柄ではありません。こうやってぎりぎりで攻めた銘柄しか当たりません。こちらもIPOの地合いを信じて購入手続きも済ませてあります。SBI証券では1ポイントゲットしています。

REITでの当選を除くと、通常のIPOの今年の成績は10勝64敗(14不戦)です。

スポンサーリンク

 

    

関連記事等